Original

不動産相続で困らないために知っておくべき基礎知識

いずれ不動産を所有する時のために

「今は不動産を所有していないが、相続でいずれ不動産を所有することになるかもしれない、けれど相続のことはよくわからない。」このように不安に思われている方は多いと思います。相続人が複数いる場合は遺産を分ける必要もあります。


この「遺産分割」は非常にトラブルになりやすく、仲の良い家族や兄弟であってもトラブルになることは珍しくありません。遺産に不動産が含まれている場合、よりトラブルになる可能性が高くなってしまいます。不動産は割合的に取得するわけにはいかないことが多々あるためです。


トラブルを防ぐためには事前に相続の事をよく知っておく必要があります。ここでは実際に不動産相続をする時に困ったりトラブルにならないよう、不動産相続の知っておきたい基本的なことをまとめていきます。



相続登記ってなに?

不動産を相続する時に必要となる手続きに「相続登記」というものがあります。被相続人の名義になっている不動産を、相続人の名義に変更する手続きです。相続登記に法律上の期限はありませんし、義務もありません。しかし相続登記をしないで放置した場合、将来的に相続人同士でトラブルになる可能性があるため早めの相続登記手続きをする必要があります。相続登記をしていない場合、不動産を売ることもできません。


どうやって遺産を分割するの?

不動産を複数の相続人で遺産分割するには4つの方法があります。


現物分割

遺産の形を変えずそのまま分割する方法です。不動産の場合均等に分配するのが困難なので、相続人の誰かに不満がでる可能性があります。


換価分割

遺産を金銭に換え相続人で分割する方法です。金銭に換えてから分配するため等分することができます。


代償分割

特定の相続人が相続分よりも多い遺産を取得する場合、他の相続人に対して金銭を支払うなどして過不足を調整する分割方法です。


共有分割

遺産の一部もしくは全部を相続人が共同で所有する方法です。この方法の場合、遺産を売ったり処分する時に全員の同意が必要となる等、のちのちトラブルになる可能性があります。



遺言書がある場合はどうなる?指定相続分と遺留分

通常相続人が相続する遺産の割合は民法で定められており、これを「法定相続分」といいます。しかし被相続人が財産分与の方法を指定している遺言書を残している場合、遺言の内容が優先されます。この遺言書による相続分を「指定相続分」といいます。ただし相続人全員が遺言内容に反対した場合は相続人の間で遺産分割を決めることができます。


このように遺言がある場合それが優先されますが、相続人にはある一定以上の遺産を取得することが認められており、それを「遺留分」といいます。


例えば子どもが二人いる父親が死亡した時、片方の子供にすべての財産を渡すと遺言書に書かれていたら、もう片方の子供は遺産をもらうことができません。このような時に遺産をもらえない子供が主張できるのが遺留分です。


遺留分は遺言よりも優先されるため、遺言が遺留分を侵害していた場合、侵害された相続人は権利を主張することができます。ただし侵害された相続人が権利を主張しなかった場合、遺言通りに遺産分割されます。


遺言書が出てきた場合は家庭裁判所にそのまま提出し検認の手続きをする必要があります。遺言書に書かれている内容を裁判所で明確にし、遺言の改ざんや隠蔽を防ぐためです。裁判所に提出する前に開封することは法律で禁止されており、もし開封した場合法律では5万円以下の過料が科されるとされています。開封したからといって無効になるわけではありませんが、内容の改ざんを疑われ思わぬトラブルになる可能性があるため、慎重に扱いましょう。



遺産相続を決める遺産分割協議について

遺産相続は「遺産分割協議」にて決められます。これは相続人は全員参加する必要がありますが、相続人同士が遠く離れている場合などは電話などで連絡をとれば問題ありません、遺言書によって遺産分割の内容がすべて決められている場合、遺産分割協議をする必要はありません。相続人全員が協議内容に納得し合意した場合のみ協議が成立します。その後協議の内容を「遺産分割協議書」を作成してまとめます。協議内容を証明することができ、契約書としての性質もあるので後々のトラブルを防ぐことができます。



まとめ

不動産相続は誰もが頻繁に通る道ではありませんが、土地や家をめぐってのトラブルは非常に多いとされています。トラブルを防ぐためには、トラブルが起こる前に専門家へ相談するのが一番です。相続問題に強い弁護士などに相談することをおすすめします。


また相続された不動産の売却や管理などでお悩みの方はオールハウスへご相談ください。オールハウスでは無料でご相談を受け付けています。



新着記事

賃貸管理のおすすめ記事

リフォームのおすすめ記事


RANKING 年間人気記事

RANKING 月間人気記事

GENRE ジャンル


CONTACT お問い合わせ

無料相談実施中!
賃貸経営や土地活用でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

082-236-7771(お電話での受付時間 9:00~18:00)